事前知識ゼロで注文住宅に挑む

住友林業で注文住宅を建てました。家づくりの事前勉強もせずに家を建てた記録です。

事前知識ゼロで注文住宅に挑む

施主が実際に嬉しかった気の利いた新築祝い

f:id:pertamahouse:20210330114036p:plain

緊急事態宣言が明け、人の往来も少しだけ戻ってきました。

そんな折、我が家の出来上がりを楽しみにしていた友人が遊びにくることとなりました。

遊びにくるにあたり特に何かを言うわけでもなかったのですが、友人が唯一指定してきたのがランチの前に我が家に寄りたいという点だけでした。

それを言われた時はあまり気にもしてなかったのですが、今思い返せばお祝いの品を持ち歩くのではなく早く我が家に届けたかったのでしょう。

サプライズ新築祝い

友人を駅まで迎えにいくと、小脇に大きな包みを抱えていました。

しかし、ワタシは鈍感なので何も考えず、そのまま一緒にバスに乗り込みたわいもない話をしていました。

むしろ、バスが出そうだから早く来いと友人を走らせてしまいました。なんと酷い。

バスはやがて満開の桜並木に入りましたので、折角なのでと桜並木のバス停で下車、しばらく我が家に向けて春の陽気の下を散歩しました。

少し歩くと我が家に到着です。挨拶もそこそこに家の扉を開けると、玄関ホールで友人の期待を圧倒します。

f:id:pertamahouse:20201219115453j:plain

いつものエコカラットがお迎えする玄関

我が家は玄関にはそこそこ拘りましたので、ある程度初見のお客さんは驚いてくれます。

友人曰く、玄関は木の香りがするらしいです。

ワタシは慣れているせいか感じたことないですけどね。
むしろ芳香剤の甘い香りを感じます。

家に上がっていただいた後、リビングで改めて妻も一緒に挨拶をしたところで、彼が小脇に抱えていた風呂敷包みを解きはじめました。

バカラのペアグラス

風呂敷包の中からは赤い包装紙、そして唐突に「新築祝いです!」と手渡されました。

ご丁寧にフルネームののし紙付きです。

まさか普段バカ話して遊んでいる相手の彼がこんな気の利いたことをするとは思ってもいませんでした。

折角なのでとお祝いの品授受の記念撮影をして、改めて品物に目をやると、赤い包み紙に白い字でロゴが見えました。

流暢な筆記体で書かれていた文字は、Baccarat

バキャラット??ん?バカラ?・・・バ、バカラ?
おい、これバカラか!こんなすげぇもの贈ってくれるって正気か?

ええっ!?バカラ?そんなもの選んでくるセンス良すぎやろ!

と、絶叫して喜び、早速包み紙を丁寧に開けさせて頂きました。

中から出てきたのは、こちらです。

f:id:pertamahouse:20210330005009j:image

まぶしいくらいにキラリと光るバカラのグラスセットでした。

こんなもの恐れ多くてとても使えません。

普段使ってるコップなんてセリアのコップですよ?

セリアのコップでも食洗機で洗ったら綺麗に茶渋などの汚れが落ちるので全然満足してるのですけど。

落として割りそうで怖いので、箱に戻して厳重に食器棚の中に仕舞いました。

いやはや、玄関のデザインから家の雰囲気で友人を圧倒できたと思ってましたが、まさかの返り討ちに遭ったのでした。

悔しいので家じゅうリアル内覧会を実施して、たくさんスゲーという声を戴いたことでお返しをさせて戴きました。

風呂敷効果

落ち着いた頃に改めて話を聞くと、わざわざ都心の百貨店に行って、新築祝いで贈り物をしたいとご相談されたとのことです。

さらに、風呂敷包みも今回の為に同じく百貨店で買ったとのことでした。

まず、風呂敷包みにくるんで小脇に抱えて持ってくる時点でポイント高いですよね。

今時は贈り物をする時は百貨店の紙袋などに入れて渡す事が多いと思いますが、今回の様に家に来訪される際は風呂敷包で渡して戴くと、余計なゴミも出ないしカッコいいですね。

そして、なにより紙袋よりも大切に持ち運んでいる雰囲気が出るので好感度アップです。

今時の風貌の若者が赤い風呂敷包みを持っていたのもなかなかおしゃれでした。

自分も真似したいと思いましたね。

 

事前知識ゼロで注文住宅に挑む All Rights Reserved. | プライバシーポリシーお問い合わせ