事前知識ゼロで注文住宅に挑む

何も知らないまま丸裸で注文住宅を建てることになってしまいました。土地を購入し住友林業で2階建ての家を建築しています。

事前知識ゼロで注文住宅に挑む

プロフィール

f:id:pertamahouse:20200719201643p:plain

このブログに興味を持って頂き有難う御座います。

筆者のじゃいくんです。

簡単ですが、プロフィール紹介をします。

家族構成

施主:30代後半 ♂ 関西出身

妻 :30代後半 ♀ 四国出身

他 :無し

家づくり開始段階で、結婚後7年ちょい。

2019年春まで仕事の都合で8年ほど海外で生活していましたが、現地企業から日本の同業企業への転職を機に日本へ帰国。

つまり、日本での夫婦生活は2019年春の帰国からのスタート。

居住地及び建設地

東京都下某所。

ぼちぼち田舎。

契約ハウスメーカー

住友林業

2階建て

延床面積約28坪

家づくりのきっかけ

妻は長年「贅沢は言わないから家だけは建てたい」という人で、日本に帰国したら家を建てるんじゃとずっと言っていました。

帰国後住んでいるアパートの立地が適度に田舎だけど田舎なりに便利な場所で、自分の仕事的にも全国転勤の心配は薄そうでした。

suumoでアパート近隣の土地などをぼんやり眺めていると、今住んでいるを仲介してくれた不動産会社の名前で出ている土地を発見しました。

南側に崖のある台地の上で、前面道路は広々2車線、広さも十分、形は少しいびつだけどとても開放感のある一見良さそうな土地でした。

不動産屋の社長とは、茶飲み友達程度には仲良くしてもらっていたので、ざっくばらんに「あそこの土地ってどうなん?」という程度から、家づくりの話が始まりました。

事前知識ゼロで注文住宅に挑む

こんな感じで家づくりが始まりましたので、それはそれは、何も考えていないゼロの状態からのスタートでした。

家づくり初期は不動産会社の社長の操り人形のようになっていました。

その後は、ハウスメーカー営業マンの操り人形となっていました。

そのまま、流れのまま契約をしてしまいました。

値引きほぼゼロの後悔

だから、私の見積り書には値引きという数字がほとんど入っていません。

様々なネット上の情報を見れば、値引きを大量に貰っている人たちの自慢であふれかえっています。

でも、自分は貰えてません。

なぜか。

ハウスメーカーから安い客だとナメられないように、まるで金持ちであるかのような虚勢を張り、値引きを貰うチャンスを悉く逃したまま、アッサリと契約したから。

その後、時間が経ってからインターネット上に多く溢れる家づくりの情報を知った時には手遅れでした。

恐ろしいです。

今なら言えます。

家づくりは、ファーストコンタクトが命です。

ハウスメーカーとの契約までに、ガンガン自分の思いを素直に伝えて交渉することが大切です。

交渉が苦手な方は、コンシェルジュに頼むのも一つの手です。

様々な選択肢を持って自ら挑むのなら、資料一括請求が手です。

このようなwebサービスを活用できる限り活用して知識を蓄えて挑めばよかったと感じています。

何故ブログを書くのか

当時の私は自分はよく考えて行動していると思い込んでいましたが、実際は操られるがままに思考停止状態でした。

気分非常に良くフワフワと高い契約をしたものの、後になってめっちゃ高かったんじゃないかと思うも後の祭りでした。

なので、このブログで自分自身の後悔をさらけ出しつつ、家づくりの記録を書いてゆこうと感じました。

そして、家づくりの中で学んだアレコレを適当に自慢して悦に浸ろうと決めました。

こんなアホな買い物したおっさんが居てるんだから、家づくりって何だかんだ大変だけどウチらはまだ救われている方や。
そう言って、肩の力を抜いた家づくりを皆さんにして戴けましたら幸いです。

事前知識ゼロで注文住宅に挑む All Rights Reserved. | プライバシーポリシーお問い合わせ